「学びの杜 〜廃校は地域の文化遺産 
   

       ラーニングアーバー横蔵・(有)樹庵の設立10周年を記念して,社長小林正美が著書
      「学びの杜 〜廃校は地域の文化遺産〜」を出版いたしました。
      これまでの新聞や雑誌等への寄稿に新たな執筆分を加え,10年間のまとめと若い世代や
      団塊世代の今後を問いかける一冊となっています。ひとりでも多くの方のお手にとっていた
      だければ幸いです。

      購入をご希望の方は,樹庵までお電話やメールでご連絡いただければ,郵送させて
      いただきます。(1冊の場合送料が290円掛かりますのでご了承ください。)

       

           



          徳島新聞(2103.12.19)他全国の新聞紙面にて紹介されました

           



          2013.10.1 コープソリューション で紙面で紹介されました 

      

     

      
                        ご意見・ご感想

                 


      新しいことに立ち向かわれるとのこと,敬服します。         
                                      鳥越文蔵様 (早稲田大学名誉教授)
      小林さんの元気,やる気,知恵がたくさん詰まっていて,最後に「まだまだこれから」
        のメッセージ。刺激を受けます。またお会いしましょう。       
                                嶋根繁様 (元早稲田大学演劇博物館事務長)

      団塊世代を真正面から生きられる小林様の生き様に勇気をいただけそうです。 
                                    岩蕗昭美様 (兵庫県宍粟市議会議員)

      頑張っている小林さんを見習って,私も楽しい老後にしたいと思います。 
                                      大橋眞喜子様 (元早稲田大学職員)

      新しい歩みの中で「学びの森」に学びながら,まさに挑戦的な活動を模索しています。
          貴社の益々の発展と,いろいろとご指導いただくことに交流をお願いいたします。
                                  中村忠久様 (徳島県 池田博愛会理事長)

      とにかく楽しくパワーあふれる本で,羨ましいところです。益々のご活躍とラーニング
        アーバーの盛況を記念申し上げます。                 
                                       生源寺眞一様 (名古屋大学教授)

      人生録であると同時に,これからますます増える廃校の多様な活用者を生み出す,
        エールでもあると思います。次世代の農山村社会に生きる人たちにとっても重要なヒント
        とインパクトだと思います。                 田中学様 (東京大学名誉教授)

      これまで草の根ベースで培ってこられた思想や哲学(生き方)の集大成を見る思いで,
        感動いたしております。と同時に羨ましい思いも抱いております。今後も次世代に良き
        学びの機会をご提供ください。           田中信様 (元大阪女学院大学教授)

      経営理念の素晴らしさ,視野の広さは,小林さんが生協活動について深く広い知識の
        蓄積をお持ちになっていることにひとつの基盤があろうことがよく分かりました。 
                                   香田徹也様 (揖斐川町出身・埼玉県在住)
      故郷への暖かい,熱い思いが一つひとつの取り組みの中から伝わってきます。 
                                       柏渕辰昭様 (前山形大学農学部長)

      「どうなる日本?どうするふるさと!」 今,私たちの国が直面している最も大切な課題
        ですが,どこから手をつけて良いやら・・・。その糸口と取り組みの具体例が盛り沢山
        ですね。                               柏渕一恵様 (山形県・主婦)

      セミナーで廃校活用のいきさつの話を聞いたときも、パワフルな方だなあと思っていた
        のですが、まさかこんな本まで作ってしまうとは・・・です。
今の中山間地域はそういう
        パワーのある人がいなければ、なかなか動き出せない環境になってしまってますので、
        小林さんのような方はホントに重要な存在だと思います。      
                                            神田和弘
様 (三重県職員)

      今の世の中をただ悲観するだけでなく、「何かしなければ」「何とかしなければ」といった
        問題意識や志を常に持たねばと強く感じました。     山之内学様 (愛知県・市職員)

      小林さんの熱意、熱気がよく伝わってまいります。廃校舎活用が各方面、いろいろな
        人々に、よい影響をあたえることがわかります。            
                                         四方利明様 (立命館大学教授)

      久しぶりに力のある書に接しました。回顧ではなく課題を真正面に据えての挑戦でした。
        ご苦労様です。これからも元気で進まれることを祈ります。
                                竹本成徳様 (元日本生活協同組合連合会長)

      拝読させていただき,あの阪神大震災の折を思い起こして居ります。小林様の卓越した
        高邁な人格行動力に感動させられたことを思い浮かべております。
                                       尾田 弘様
 (徳島県・製茶組合長)

      なつかしいですね。18年前を思い出しました。地域のために体を張って頑張っている姿が
        目に浮かびます。ご健闘をお祈りします。           熊谷幸三 (徳島県副知事)

      富良野もご多分に漏れず,過疎化が進み,人口3万人をいる地方都市です。危機を感じ,
        都会で活躍されていた方がUターンして町おこしに力を注いでおられます。小林様の著書
        が,いろいろな場面で参考,プラスにつながるのではないかと感じています。
                                       野部博子様 (元滋賀県立大教授)

      ご苦労は大変に多かったと思いますが,文面には羨ましいような充実した想いが綴られ
        ており,やりたいこと・やるべきことをやる喜びが感じられます。
                                           早田健治様 (徳島県職員)

      荒廃する私の故郷を思いながら,興味深く読ませていただきました。このようにいつまで
        も輝いていたいものです。             亀田高秀様 (コープみやざき理事長)

      大変興味深く又,楽しく読ませていただきました。私共の先祖が徳山ダムに沈む地域
        から北海道富良野市に入植し3代4代目となりました。私もダムの完成で門入地区に
        渡ることができなくなる前に,父と共に初めて先祖の土地にお邪魔しました。まちづくり
        に情熱を燃やす諸先輩や富良野Uターン,Iターン組と共に,田舎ながら文化の薫りする
        楽しい地域を目指して活動することは,私にとっても喜びであり楽しみでもあります。
        頂戴しました著書にも数多くのヒントがあり,富良野のまちづくりに活かしていきたいと
        思います。                        広瀬寛人様 (富良野市議会議員)

      貴書を拝読し小林君の10年の時間を反芻して感激しました。樹庵や樹庵にかかわる
        全ての人が当然と自然に受け入れられる社会の到来を信じて,私は後30年,関わる
        ことは変わっていくでしょうが,人生を楽しむつもりです。  
                                中島善郎様 (東京・代々木総合法律事務所)
  

            




                  
                                    

      
    
    
    
    
    
    
    
    
    
  
    

お問い合わせ

    Facebook

    
樹庵日記
     NPO法人
ぎふいび生活楽校
         生活楽校ニュース
 
 
    
新聞掲載記事
         小林正美著
「学びの杜 
〜廃校は
地域の文化遺産〜


  ラーニングアーバー横蔵・(有)樹庵

  
501-1316 
   岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲木曽屋180
     電話:0585−55−2236
     FAX:0585−55−2246